【30代データアナリスト】コロナ禍でも専門性を高められる企業へステップアップ支援!

公開日

2022/08/15

変更日

2023/01/25

はじめに

こんにちは。株式会社クリーク・アンド・リバー社HIGH-FIVE編集部です。
今回は、30代データアナリストの方の転職支援ストーリーです。 データ領域に強いエージェント川原より、「クリーク・アンド・リバー社転職エージェントが何を大切にして転職のご支援をしているか」や「転職エージェントを使うことのメリット」をお伝えします。

転職者情報

Kさん(38歳)

前職  :

データ分析

応募社数:

5社

面接回数:

3社

転職支援期間:

約1カ月程度

転職後の職種

データアナリスト

勤めていた飲食業界がコロナ渦で大打撃…社会情勢の影響を受けない業界への転職へ

経歴を話すときはロジカルな話し方なのですが、たまに「メサメサ(※関西弁で「めちゃめちゃ」)SQL使ってますよ!」など良い意味でフランクだなと感じるときもあり、非常にバランスがとれている印象がありました。かつ前向きな考えをする方で、とても素敵なお人柄でした。

データアナリストやデータ企画と言われる職種です。今回の転職では、ある程度予算があり、イチ部署ではなく会社全体がデータの重要性を感じていて、データを活用する意欲がある環境で就業したいとの希望をお持ちでした。

飲食業界はデータ活用を後手にする傾向があり、やりたいデータ分析とは遠いと感じていらっしゃいました。また緊急事態宣言で飲食業界全体が打撃を受けており、業績悪化が続いていたこともあって、企業としてデータ分析する基盤が整ってないという現実がありました。

課題は特になく、身を置く業界を変えれば活躍できる方だと判断しました。具体的には下記のような方向性を固めました。

・過去に在籍していたリサーチ会社や現職でのデータ分析やデータ基盤構築のご経験を活かせるところ
・現職で周囲がIT知見が低くデータ基盤環境も整っていないなかで創り上げた0→1の経験をアピールできるところ

上記を踏まえて、データ活用が進んでいるIT企業やベンチャー十数社をご紹介しました。

ソフトスキル、ハードスキルどちらも高く評価され、内定はすぐに出た

前述のとおり課題は特になく、Kさんへの評価が高かっため、すぐに内定が出ました。Kさんは主に下記が高く評価されました。

・リサーチ会社でデータ分析に携わっており、システムの知見もお持ちであること
・コミュニケーション力、調整力が高い

Kさんのほうも、面接官の雰囲気がよくて面接後の印象も良かったようです。

初回面談時の求職者分析が全て。持ち前の企業ネットワークと共に、今後の戦略を決める

実は、Kさんは転職サイトでスカウトメールを送付させていただいたことがきっかけでご支援が始まったのですが、入社した企業は、Kさんが前職でいらっしゃった企業の出身メンバーが多いんです。なので、Kさんをスカウト媒体で発見した瞬間から「この方はこの企業にぴったりだ!」と思っていました。面接時のKさんに対する企業側評価も高く、想定通りでしたね。

クリーク・アンド・リバー社所属、データ分析・データ解析領域に特化した転職エージェント川原

その他のデータ分析・解析領域の転職支援事例は下記からご覧いただけます

・【20代データアナリスト】データ専門エージェントのアドバイスでキャリアアップに成功
・【30代データアナリスト】複数内定で決められない…転職軸を整理!

この転職をサポートした担当エージェント

転職エージェント川原 祥平
転職エージェント川原 祥平

転職エージェント:川原 祥平

大学を卒業後、関西の広告代理店へ入社し、営業として求人媒体の広告販売や雑誌メディアの広告販売、SPツールの企画、提案、制作進行管理を4年ほど経験。クライアントは地元関西の企業や飲食店、美容室などがメインでほぼ新規での営業を経験。その後、クリーク・アンド・リバー社へ転職し、15年のキャリア。IT・Web、DX領域で活躍するクリエイターの転職支援、キャリアアドバイス支援などに従事。現在はマネージャーとしても活躍中。クリエイターからバイネームで仕事ができる、とれる(川原さんにお世話になりたい、川原に頼みたい)ようになるのが目標。

関連求人

関連記事