【40代UIデザイナー】「デザイナーとしてキャリアアップしたい!」入社後のキャリアを見越した転職支援

公開日

2024/01/09

変更日

2024/01/09

転職者情報

Kさん(40歳)

前職  :

Web/UIデザイナー

応募社数:

7

面接回数:

2

転職支援期間:

3ヶ月

転職後の職種

インタラクションデザイナー

サービスの上流から携われる仕事に就きたい

――まず始めに今回転職しようと思ったきっかけを教えていただけますか?

前職ではデザイナーとして、WebデザインやUIデザインを担当していました。5年間勤めていたのですが、会社がSES(技術者派遣)という形だったので、タイミングによっては自分が希望しているような業務ができないこともありました。

今回仕事が変わるタイミングで、デザイナーとして更にキャリアアップしたいという気持ちが強くなってきて。ずっとSESという働き方をしていくよりは、サービスの上流から携われる仕事に就きたいなと思うようになったのが、転職しようと決めたきっかけです。

――お仕事環境はいかがでしたか?

客先常駐型なので、現場(企業)によって全く違っていたなという印象でした。ですが基本的には好きなこと・やりたいことはできていたんじゃないかなと。苦手な現場があれば配属先の調整もしてくださったので、すごく働きやすい環境ではありました。

友人に紹介されて出会った転職エージェント

――転職を考えられてからどのように動かれ始めたのですか?

転職しようかなと悩み始めた時に、前職の後輩でHIGH-FIVEを利用して転職したKさんにずっと相談していたんです。そのKさんからずっと、「近藤さんっていうすごく良い転職エージェントがいる!」という話を聞いていました。

転職をするにしてもしないにしても、相談にのってくれるはずだからとのことだったので、一度お話してみようかなと。そのタイミングで自分でも活動し始めて、友人から会社を紹介してもらったりしていました。次の現場が決まってしまうと急に辞められなかったり、引継ぎが大変だったりするので、辞められるタイミングで退職し、有給消化中にポートフォリオや書類の作成・整理などを行っていました。

――実際に転職エージェントを利用されてみていかがでしたか?

転職エージェントを使うとそこで絶対に決めないといけないのかな?とか、自分での活動を控えたり、他のエージェントさんを使わないようにしないといけないのかな?とか、もともとそういうイメージがあったんですが…実際に利用すると、悪いところが本当ありませんでしたね。

私が所属していたSESの会社も、担当の営業さんが案件を持ってきてくださって、面談して配属、という流れなので、転職エージェントと少し似ているんです。でも事前にもらえる会社情報がアバウトで、本当に情報が少なくて。その会社との面談で初めて詳細が分かることが多いという状況でした。

でも今回近藤さんから、面接前に詳細な会社情報や面接官の人物像、想定質問などがびっしり書かれたPDFを頂き、転職エージェントはこんなにも違うものなのかと、その丁寧さにびっくりしてしまいました。面接という緊張してしまう状態の中で、質問内容や面接官の情報が事前に分かっているので、ひとりで転職するのとは違ってとても安心感がありましたね。

――「転職エージェントを使うとそこで絶対に決めないといけない」が転職エージェントのもともとのイメージだったと仰っていましたが、何か変化はありましたか?

はい!実は今回、友人から紹介してもらった会社に入社することにしたんです。その会社の選考中、近藤さん経由の会社みたいに沢山情報があるわけではないので、自分で調べて分かる程度しか情報が無く、面接がとても不安で。そのことを近藤さんに話したら、「その会社に友達がいるので、分からないことがあったら何でも聞いてください!」って仰ってくださったんです。

なので「自己応募だから言いにくい」とか、「進捗をお話しづらい」とか、そういったことは一切ありませんでした。むしろ内定が出たときには「おめでとうございます!Kさんなら大丈夫ですよ!」と背中を押してくださって。近藤さん経由で決定したわけじゃないのにそこまで言ってくださるのかと、優しさに感動しました。

――近藤との印象的なエピソードはありますか?

特に印象的だったのは、入社後のキャリアアップに関してもアドバイスをくださったことです。

Kさんに関しては一切心配していないですが、フェーズごとにご自身のキャリアを俯瞰して見るようにしていただけるといいと思います。僕も知らなかったですが、コンサルティング系の企業は上長が案件によって変わるので、キャリアややりたいことを聞いてくれるキャリアパートナー的な方がついたうえで、次の案件のアサインなどを考慮してくれるみたいです。なので都度微調整しながら、やりたいことの言語化をしながら、頑張っていただくのが良いかと思います。何か不安なことがありましたらいつでも気軽に声かけてくださいね。」

嬉しかったので、頂いたLINEを全文読んでしまいました(笑)こんなふうに、転職エージェントというより、友人のような温かい言葉をかけてくださる方なんです。入社後のことまで気にかけてくださると思っていなかったので、とても印象的なエピソードです。

――入社後も相談できると思うと安心しますよね!

あともう一つ、「分析力」がある方だなとも思いました。私がデザイナーとしてずっと1人という環境で働いてきたので、複数人デザイナーさんがいる環境であること、上流から関わることができることに、強いこだわりがあったんです。でもそれをうまく自分の言葉で話せなくて。

私自身言語化することが得意ではないので、初めにお話した時に伝わるような言い方もできていなかったんですけど、それを色んな方面から深掘りしながら、私の意向を引き出してくださって。最終的には「こういうことがやりたい」というのをしっかり言語化してくださいました。

近藤さんが紹介してくださった案件は、働く環境や仕事の内容などが本当に私がやりたいと思っていた内容にぴったり合っていて、その分析力とか、マッチング力が素晴らしいなと感じましたね。

キャリアアップが叶った転職活動

――そうなると今回の転職軸であった「キャリアアップ」は叶いましたか?

はい、叶ったと思います!これから入社する会社は、日本だけでも100人以上の社員がいて、しかも世界中に会社があるんです。選考中に面接官の方から、「その全員が仲間で、相談相手がそれだけの数いるということ」というようなお話を聞いて、色々な知識やスキルを持った方が在籍していることで、自分自身のデザイナーとしてのスキル・キャリアアップはもちろん、やる気やモチベーションアップにも繋がっていくなと思いました。

――最後に今の目標について教えてください。

どんな感じで業務を進めていくかまだ何も分かっていない状態なので、まずはしっかり業務内容を把握して、突き詰めていくところから始めたいなと思っています。自分のスキルをどんどん身につけて、デザイナーとして担当する分野をちょっと広げていけたらいいですよね。できる限りいろんなことに携わっていきたいです!

――素敵なお話ありがとうございました!

転職エージェントからヒトコト

HIGH-FIVE転職エージェントの近藤Kさんは、途中でデザイナーへキャリアチェンジされたことから、新卒からデザイナーをされている方と比べるとどうしても経験年数が短い印象にうつってしまうことを懸念していました。ですが、デザイナーとしてキャリアの早い段階から「上流からデザインを検討する経験」を豊富に積んでいらっしゃり、とても優秀な方だと感じたことを覚えております。

限った話ではないですが、Kさんが入社されるようなコンサルティング系の企業に関しては、特に合う合わないが顕著に表れると思っており、上記のように、広義にデザインをとらえ、デザインをもって課題解決を繰り返してきたKさんならばご活躍いただけるのではないかと、心から背中を押すことができました。

…沢山の可能性をお持ちの方でしたので、私からの提案でご支援が叶わず大変悔しかったです。ですが、とても良い企業様へ転職が叶ったため、少しでもお役に立てていたのであれば幸いです!

今後何か困ったことがあれば、いつでもご連絡くださいね。そして今後、Kさんがデザイナーを採用する際にもぜひお声がけください!

その他の転職事例はこちら

【30代Webデザイナー】好きなことを仕事にしたい!転職成功へと導いた純粋な思いとは
【20代UIデザイナー】「どう生きていきたいか」を軸に、大手IT企業へ転職

  • twitter
  • Facebook
  • Linkdin
  • LINE
  • はてなブックマーク

この転職をサポートした担当エージェント

転職エージェント近藤 晋一郎
転職エージェント近藤 晋一郎

転職エージェント:近藤 晋一郎

生まれは兵庫、育ちは横浜。大学生の時に見たテレビドラマに憧れて、航空業界に興味を持ち飛行機整備士を志す。夢を叶えるため大学を中退して専門学校へ。その後5年間整備士として勤務したが、「マニュアル通りに正しくやる仕事」から「考える仕事」をしたいという思いが強くなり転職を決意。
そのタイミングでクリーク・アンド・リバー社で働く友人に声をかけられ、縁があって入社。ゲーム業界に特化した部署で派遣・制作受託などを3年ほど担当した後、企業の採用代行を行う部署に異動し、約7年間外部へ出向。現在はIT/Web業界のクリエイターを専門とした転職エージェントとして従事。

関連求人

関連記事