【30代Webデザイナー】好きなことを仕事にしたい!転職成功へと導いた純粋な思いとは

公開日

2022/08/22

変更日

2023/01/25

はじめに

こんにちは。株式会社クリーク・アンド・リバー社HIGH-FIVE編集部です。
今回は、30代Webデザイナーの方の転職支援ストーリーです。 IT・Web業界に強いエージェント池上より、 「クリーク・アンド・リバー社転職エージェントが何を大切にして転職のご支援をしているか」や「転職エージェントを使うことのメリット」をお伝えします。

転職者情報

Mさん(31歳)

前職  :

Webデザイナー

応募社数:

1社

面接回数:

1社

転職支援期間:

約7ヶ月

転職後の職種

Webデザイナー

「池上さんにお世話になりたい!」転職で失敗を繰り返し、リスタートを決意

今回ご支援させていただいたMさんは、実は今回のご支援の2年前に一度お会いをしている方でした。
その時も、転職支援でお会いしていて、制作会社ではよくありがちな残業が多く時間も不規則といったハードな就業環境の改善をしたいという希望をもっていました。当時の転職では、Mさんはご自身で受けられていたインハウスの企業に就職を決められました。
最後にまた困ったことがあったらいつでも連絡してきてくださいとお声がけし、実際にその1年後にご連絡をいただき、ご支援をさせていただくこととなりました。

今回の面談時にご本人が感じていた課題・不安は下記の通りです。

【本人が感じていた課題・不安】
(1)転職を繰り返し、やりたいことが見えなくなっていた
(2)今後のキャリアをどうしていけばいいか

好きなことを仕事をする。転職がうまくいかない中、とことん向き合っていくことでみえてきた希望

Mさんの年齢から考えると、これまで多くの転職を繰り返していました。その理由は「残業が多く体調を壊してしまった」「人間関係がうまくいかない」などあまりポジティブな理由がありませんでした。

今回の転職も、人間関係が理由であったため、このままでは、また同じ失敗をしてしまうと感じていました。
どの企業で働いても、残業が多くなる時もあるし、人間関係がうまくいかなくなることもある。そんな思うようにいかなくなったとき、落ち込んだときの自分を支える原動力を見つけてあげることが重要だと感じました。

そこで、Mさんとの面談の時に自分自身の気持ちに気づいてもらいたいと思い、働く上で大事にしたいことは何だろうか?これがあれば頑張れるということは何なのか?など、Mさんの考えや思いを聞いてみてました。

その中で、Mさんの趣味の話になったときに、大の野球好きということをお話ししてくれました。その時、仕事や転職の話となるとどことなく表情が硬く少し暗い印象でしたが、好きなことを話すMさんはとても生き生きしていて、「今までのスキルを活かして、好きなことの仕事をしてみたい。野球関連の仕事に関われるのであれば、辛いことがあっても頑張れる原動力になる!」とお話しいただけました。

転職というのは、自分自身と向き合うとても良い機会だと思っていますが、なかなか向き合いきれなかったり、うまく進まないと悩みが出てきたり、いろいろな口コミ・情報などに引っ張られたりするもので、結局本心までたどり着けないケースが多いんです。

面談では、Mさんのこれまでの失敗からMさんの原動力ややりがいと向き合っていくことで本当にやりたい仕事を実現できる会社・仕事は何かをすり合わせていきました。

深いお付き合いを続けてきたからこその情報力と対策

少し前にYouTubeのCMで、HIKAKINさんやはじめしゃちょーさんなど様々なYouTuberが「好きなことで、生きていく」をテーマにしていました。今回は根底に企業に就職するというものがあるので、少し異なるかもしれませんが、好きなことを仕事にできるのはほんの一握りの方かと思いますし、野球関連ではプロ野球・独立リーグの球団、もしくはその球団に関わる仕事をしている企業しかありませんので、企業数も少なく、その仕事に就けるとなると、とても厳しい条件でした。

ただ、当社では、昔から野球関連の業務を行っている企業様とのお付き合いがありました。その企業様とは、当社の人材紹介サービスのお付き合いだけにとどまらず、制作のパートナーとして深くかかわっている企業でもあったため、企業様のニーズをいち早くキャッチできるポジションにいました。

今回、Mさんとのお話しの中で、その企業様が思い浮かんでいました。その企業様では有名な球団などの仕事をできる環境があり、人間関係もとても良く、共通の趣味を持った仲間がいるという点で、好きなことを仕事にでき、かつ就業環境も改善できる企業だと確信していました。

当初、この企業様では野球関連のお仕事の募集枠はありませんでしたが、2か月後に募集をするかもしれないという情報を企業の方からお伺いしていたため是非その時にはご紹介したい方がいるんです!と先にお伝えし最初に面接の確約をとりました。

そして面接までの2ヶ月間をどのように対策を行うかを考えて具体的なサポートをスタートさせました。

ポイントを絞った書類添削と対策。短期間のスキルアップで結果をつかみ取る!

最終的にMさんは2ヶ月間に正式に募集がかかったタイミングでその企業様に応募して、そのままスムーズに内定となりました。

この2か月間でやったことは
・履歴書、職務経歴書の添削
・ポートフォリオの修正
・スキルアップ
の3つです。

まず履歴書、職務経歴書の添削では、企業の募集内容や実際に行う業務について、その内容に近しい経験を重点的にアピール。

企業で使っているソフトやツールの使用経験などを記載し、即戦力であることを打ち出しました。そして自己PRではこれでもかというくらいに野球愛を出しました。

ポートフォリオの修正では、デザインのテイストを何パターンもだすことで、いろいろな幅広いデザインができるという点をアピールするとともに、男性向けのさっぱりしたデザインなどを多く盛り込み、先方の担当者に刺さりやすいものに修正しました。スキルアップについては、AdobeXDを触って、ワイヤーフレームを制作してみる、サイトマップなどを作るなど、企業側から求められるツールなどに触れていただきました。

結果、書類段階でしっかりご評価をいただき、その後の面接でも仕事外でのスキルキャッチアップも評価いただくことができ内定。
Mさんも第一志望だったため、内定を受諾いただけました。

エージェントからヒトコト

IT/Web業界転職エージェント池上

たくさんのコミュニケーションをとる中で、最初はMさんの不安な気持ち悩みを少しでも取り除いてあげたいという思いでした。それが次第に、私自身の悩み相談するようになってとても親身になってきいていただいて立場逆転みたいな。(笑)

転職のサポートが私の仕事ですが、今回はその仕事の枠組みを少し超えていたような気がします。そんな関係がMさんと築けたからこそ信頼をしていただき、こちらのアドバイスも素直に受けれていただけたことが嬉しかったです。
今後も転職のパートナーとして、そしてその枠をちょっと超えて人として信頼していただけるエージェントとして活躍していけるようになりたいと思っています。

その他のIT/Web業界の転職支援事例は下記からご覧いただけます

・【30代Webデザイナー】東京でWebデザイナーになる!
・【20代Webデザイナー】長期的な目標を見つけスピーディに選考!

この転職をサポートした担当エージェント

転職エージェント池上 明子
転職エージェント池上 明子

転職エージェント:池上 明子

岡山の大自然に囲まれて生れ育ち、都会にあこがれを抱き大学進学と共に関西へ。大学卒業後は求人広告媒体を発行している媒体社に入社し広告営業を経験後、人材紹介部門を社内で立ち上げることとなり、そのメンバーとして異動。看護師や介護士のキャリアコンサルタントとして転職の支援、子育てで一旦業界から離れた方々の復帰支援セミナーの運営・司会などを経験。5年間医療・介護業界を経験した後、小さい頃から興味のあった「クリエイティブ業界」に関わりたいという思いから、2017年にクリーク・アンド・リバー社に入社。「関西のWeb業界専任のエージェント」として従事。

関連求人

関連記事