クリエイターの
転職就活事例をご紹介
転職・就活事例
1000Vol.21

転職の目的を明確にして意志のあるキャリア選択へ!多忙な職業環境を変え、Webディレクターとしてスキルアップ!

転職者データ

Kさん [30歳・女性]

●お住まい:関西→東京
●未婚
●転職回数:3回(4社経験)
●推薦(面接)社数: 3社
●エージェント接触回数: 2~3日に1回
●転職支援期間:1ヵ月半くらい
●応募経路:既存登録

Before
  • 業界小売
  • 企業名雑貨クリエイト企業
  • 職種Webディレクター
  • 雇用形態正社員
  • 勤務地関西
  • 現年収330万円
  • 希望年収330万円以上

Webディレクターとして自社商品のECサイトの立上げ・Webページ制作・運用・更新を担当。
その他、問い合わせ対応や商品ページのライティングなども担当。

After
  • 業界Web業界
  • 企業名Web制作会社
  • 職種Webディレクター
  • 雇用形態正社員
  • 勤務地東京都
  • 年収350万円

官公庁や大手ナショナルクライアントのWeb制作を受注する企業にて、制作ディレクターとして従事。
(使用ツール:Illustrator、Photoshopなど)

採用企業の募集要項
■必須要件
・顧客折衝経験(職種・業界不問)

■尚可要件
・企業Webサイト、イベントサイトなどのディレクション経験
・企画提案能力およびドキュメント作成能力
・物事を論理的に整理、まとめ、結論を導き出す力
・地域活性化への興味と趣向

はじめに

こんにちは。株式会社クリーク・アンド・リバー社HIGH-FIVE編集部です。今回は、Web業界に特化したエージェントである仲本さんの転職支援ストーリーです。

業務過多で超多忙…安定を求めて始まった転職活動

今回支援された方はどのような課題を持っていたのでしょうか?

今回ご支援させていただいたKさんは、実は以前、当社を経由して大手広告制作会社に派遣社員として就業されていた方でした。
以前お会いした際と印象は変わらず、明るくハキハキとした方でした。 派遣就業後は、「自分が興味のある商材をWebの力で広めていきたい」という思いをもって転職されています。

志を持って転職されたものの、一緒に働くメンバーが次々と辞めてしまい、その業務をすべて引き継いだことから業務過多で、残業も続き、土日や祝日も休めない状況になってしまったそうです。
「安定した環境で働きたい!」という希望から、再度当社へご相談にいらっしゃいました。当時のお住まいは京都だったので、お電話で面談を実施しました。

【本人が感じていた課題・不安】
(1)ワークライフバランスを整えたい!
(2)Webディレクターとしてスキルアップしたい!

IT/Web業界転職エージェント仲本

対話を繰り返し、適切な次のキャリアをご提案

当社からは2回目のご支援だったのですね。仲本さんから見たKさんの課題はどのようなところでしたか?

キャリアの軸や、転職のそもそもの目的が、あまり整理されていないように感じました。
面接を受けるたびにどの企業にも魅力を感じていただいたのは良いことでしたが、希望の軸が定まっていないため、「結局自分にとってどの企業が良いのか分からない」「どの企業にも魅力があり、自分で決めきれない」という状況に陥っていたのです。
また、かなり幅広い業務を担当されてきた方なので、キャリアがばらついているように見えてしまうことも、受ける企業によっては懸念点になると感じました。改めて転職する理由の整理が必要だと考えました。

どのような要素を優先してキャリアを選ぶのか、多くの人が悩むところだと思います。仲本さんはKさんへどのようなアドバイスをされたのですか?

Kさんの中にあるさまざまな思いや価値観を丁寧にお伺いしていき、それをひとつずつ整理していく、といったサポートさせていただきました。
「興味のある商材に関わりたい」「これまでのWebディレクターの経験を活かしたい」「志向性の合う人たちと働きたい」とさまざまな希望や思いが出てきましたが、やはり根幹にあるのは「今の多忙な職業環境を変えたい」「Webディレクターの業務に集中したい」という気持ちでした。この気持ちは、Kさんが今回の転職活動を始めたきっかけであり、転職で改善すべき点です。

そのため今回は
(1)ワークライフバランスの整っている安定した環境
(2)Webディレクターとしてスキルアップを目指す
という2点を軸として進めましょう、とご提案させていただきました。

「何のために転職するのか」迷う気持ちにとことん向き合い、意志のあるキャリア選択へ

転職したいと思った動機を今回の軸としたのですね。その後Kさんへはどのようなサポートをされたのでしょうか?

お話ししたとおり、Kさんはさまざまな企業の面接を受けるたびに希望が変わってしまい、それが不安に繋がっていました。そうなってしまう原因のひとつとして、現職がかなり多忙で、じっくり自分と向き合う時間もとれず、面接の中で感じたことや考えを整理できずにいるからだと気付いたのです。
そこで、面接の開始前と終了後に、必ず面談の時間をとることにしました。普段はお忙しくお電話のタイミングもなかなか合わなかったのですが、確実に時間が確保されている面接時間の前後であればお話しできるからです。
面接前には、面接に向けて困っていることをお伺いしたり、企業ごとのポイントをふまえてアドバイスをしたり、万全の状態で面接に臨めるようサポートしました。

例えば、「自分の実績についてどれくらいアピールをして良いかわからない」「残業や働き方についても気になるけど質問してよいのか」など、面接で話す内容や質問の仕方について、どうしたら企業の評価に繋がりつつ、ミスマッチのない充実した面接になるか、企業の社風や面接官の性格・お人柄も踏まえてアドバイスいたしました。
また、「面接前で緊張します…!」というお気持ち面でも、まずは私の前で練習で話していただいたり、繰り返しお声がけしたりすることで緊張する現状に寄り添い、自信を持っていただけるよう配慮しました。

面接が終わった後にもコミュニケーションをとって、面接の率直な感想をお伺いしながら、気持ちの整理をしていきました。
迷ってしまった時には、後悔の無い選択ができるように、「転職活動を始めたきっかけ」を2人で思い出しながら軸を修正していきました。「何のために転職するのか」という原点に何度も立ち返るような機会をKさんに提供できるよう、丁寧にコミュニケーションをとっていくことを心掛けました。

目的を何度も振り返りながら進めていったのですね。面接対策も手厚いですね!

そうですね。特にKさんは関西方面にお住まいでお電話でのコミュニケーションがほとんどだったので、安心して頼っていただけるよう丁寧にフォローいたしました。
対面の面接で東京へいらっしゃった際も、面接会場の近くまで行って、Kさんに直接お会いして面接対策をしたり、企業担当エージェントとも連携して企業からの面接後のフィードバックや情報をこまめにお伝えしたりと、忙しい合間を縫って活動するKさんを全力でご支援していきました!

仲本さんのご支援で、最終的にKさんはどのような結果になったのですか?

無事、第一志望のWeb制作会社で正社員での内定となりました!最終的には3社で選択を迷われ、特に「Web制作会社のWebディレクター」か「興味のある商材にかかわるECディレクター」で悩まれていました。
Web制作会社は安定した環境で残業も少なく、Webディレクターとして成長できる環境がある点、一方、EC運営会社は高い関心を持つ商材にディレクターとして関われる点でそれぞれ魅力を感じられていました。

その際も決断に迷われていたものの、「転職活動の目的」に立ち返り、少数精鋭で現職の環境と似ているEC運営会社ではなく、多忙な現状を変えられそうなWeb制作会社を選ばれたのです。
時間をかけてキャリアプランの整理をおこなってきたことが、納得のできる転職へ繋がったと感じています。

エージェントからヒトコト

最後にKさんのご支援の中で特に印象に残っていることはありますか?

IT/Web業界転職エージェント仲本

最初にお話ししたように、Kさんは2回目の当社経由での転職支援でした。1回目のご転職の後も担当エージェントと連絡を取り合っており、今回ご相談にいらっしゃったのも、前担当エージェントへご連絡いただいたことがきっかけでした。
内定が決まった時、「キャリアの転換期には、いつもクリークさんがいてくれて心強いです!」と仰っていただいて嬉しかったです。
私たちはプロフェッショナルクリエイターの方々の「生涯パートナー」を目指していて、長期的にキャリアのご支援をしていきたいと考えています。今後もキャリアについて悩んだ時はいつでも気軽にご相談していただけるような存在であり続けたいなと改めて感じました。

C&R社理念を体現したエピソードですね!本日はありがとうございました!

IT/Web業界エージェントに応募する

転職をサポートした 担当AG

仲本
27
27

SNSでシェアしてね

  • twitter
  • facebook
  • Linkedin
  • LINE
仲本Nakamoto
担当業界・職種 : 【担当業界】インターネット・Web、広告・出版【職種】 Webディレクター、WEBデザイナー、UX・UIデザイナー…
保有資格 : 通訳案内士

転職・就活事例1000一覧に戻る

その他の事例記事を見る

#タグ検索

ページトップへ