【20代Webデザイナー】マネジメント業務よりも「デザイン」がしたい!希望を叶えるために挑んだ初めての転職

公開日

2024/01/29

変更日

2024/01/29

転職者情報

Sさん(23歳)

前職  :

Webデザイナー(IT系)

応募社数:

6

面接回数:

2

転職支援期間:

1ヵ月半

転職後の職種

Webデザイナー(エンタメ系)

マネジメント業務よりも現場で「デザイン」がしたい

――まず初めに今回転職しようと思ったきっかけを教えていただけますか。

現職にWebデザイナーとして新卒入社し、今4年目になるのですが、だんだんマネジメント業務やディレクションなど、Webデザイン以外のスキルを求められてくることが多くなってきたんです。

今回改めて自分のキャリアをイメージしたときに、マネジメント業務よりも自分で手を動かすようなクリエイターとして、スペシャリストとして、スキルを身につけていきたいという思いが強くあり、心機一転、新しい環境でスキルを学ぼうと思ったことが転職のきっかけでした。

――前職だとマネジメント業務をせざるを得ないような状況になってしまったのですね。

個人のキャリアイメージに合わせて柔軟にプランニングしてくれる会社ではあったので、もちろんそれ以外の選択肢もあったかもしれませんが…1社だけの経験だと自分の視野が狭まってしまう気がして、いろんな会社さんの目線で社会や業界を見てみたいな、というところもあり今回は転職を選びましたね。

やりたいことをやれる環境を探す転職活動

――転職活動の際に軸にしていたポイントはありますか?

デザインをやりたい」という希望が強くありましたので、まずはそれが叶うかどうかがポイントでした。

あとは前職で経験していた一般的なWebデザインやコーディングなどのスキルも伸ばしつつ、マーケティングの知識、Webサイトなどの成果物を公開した後の運用・更新・保守、CMSの運用・作成・組み込みなどは技術要件としてあった方が良いのかなと思い、そういった技術的な部分を幅広く学べる環境かどうかというのが転職先を考える上での大きな軸にしていました。 

――転職活動の情報収集はどのように進めていきましたか?

まず初めに「制作会社に強い」とか「デザイナーに強い」と言われていた転職サイトに登録し、ここなら私に合うような会社が見つかりそうだなと思って求人を探していました。ですが藤巻さん(HIGH-FIVE転職エージェント)からスカウトを受け取り、やり取りさせていただくようになってからはもう紹介いただいた求人をチェックするのがベースになっていましたね。

今すぐに転職先を決めたいというわけではなくて、今のお仕事と両立しつつも自分のペースで探せたらいいなと考えていたんです。なので他社エージェントの方とは積極的にやり取りせず、魅力的な求人をご紹介いただけた藤巻さんに絞っていました。

二人三脚したHIGH-FIVEの転職エージェント

――転職活動中壁に当たったり、大変だったりしたことはありますか?

始めは面接に苦戦していました。面接で自分の長所やアピールポイント、強みばかり喋ろうと頑張ってしまって、あまり会話のキャッチボールができていなかったんです。

面接って私と会社側、お互いがマッチするかどうかをすり合わせる機会だと思うのですが、その時にどうしても自己主張が強くなってしまって、すり合わせがしっかりできなくて。意識しているつもりでも、面接になると緊張してしまいなかなか改善することが難しかったです。

もう一つは初めての転職活動だったこともあり、希望月給や年収などの相場がまったく分からなかったことですかね。面接で質問されたときにどのようにお答えしたら良いかも分からないし、不安が大きかったです。

――初めての転職だと分からないことも多いですよね。どのように乗り越えられたのですか?

面接に関しては、相手に印象良く見られよう!と張り切りすぎていた部分があって、それで視野が狭くなり、深いやり取りができなかったかなと反省しました。なので原稿は用意せずに、何となく話したい項目を23個用意してラフに話すことを意識しました。

それには相手(会社)のことをよく知るっていうのも大事だったかなと思っていて、事前にコーポレートサイトを確認するだけではなく、在籍している社員さんのインタビューやメディアコンテンツ、ブログ記事などを読み込んでその会社さんの特色を探っていました。

そういった詳細な会社情報や会社の特色に合わせた面接情報などを藤巻さんが毎回送ってくださっていたのですが、それにとっても助けられていましたね。

――年収についてはいかがでしょうか?

はい。こちらも藤巻さんが親身になって相談に乗ってくださって。特に今回年収を上げるための転職ではなかったので、「御社の意向に沿います」といったかたちで進めることを提案してくださいました。

――担当エージェントとの特に印象的なエピソードはありますか?

今回内定承諾した会社とは別にもう1社から内定を頂き、どちらかで悩んでいた際に藤巻さんと電話でお話させていただいたことがあったんです。

その時に藤巻さん自身(今回内定承諾した)会社と繋がりを持っていたそうで、「デザイン部の上司の方が○○さんというすごく優しい方で、話しやすいと思います!」という会社の内側の部分のお話をしてくださって。会社で働く「人」も重要視していたので、そういった部分をお伺いできたのがすごく印象的でした。

――会社の内情って入ってみないと分からなかったりするので不安ですよね。

そうですね、一緒に働く人がどういう方なのか、どんな環境なのかというのも転職する上で大切だと考えていたので…でもそういうお話ってどうしてもコーポレートサイトなどのWebページ上の情報だけでは収集しきれないじゃないですか。そこをエージェントさんの口からお聞きできるのは、すごく参考になるなと思いました。

――転職エージェントならではのエピソードですね!

はい!…あと転職活動とは別のお話になるのですが、内定承諾をいただけた後に退職日から入社日まで少し間が空いてしまうので、社会保険の切り替えをしないといけなくなってしまって。

そこに関して知識があまりなかったので、藤巻さんに相談したんです。転職支援後のことなのにすごく丁寧に親身になって対応してくださって、大変ありがたかったかなと印象に残っています!

今の会社に決めた理由は“わくわくする”制作実績

――今の会社に入社を決めた理由を教えてください。

1番は「自分のやりたい事が実現できそう、作りたいものが作れそう」と感じることができたのが大きいです。会社の求人情報と一緒にいくつか制作物を見させていただいたのですが、すごくわくわくするようなデザインが多くて。自分もこういったものを作ってみたい!と強く思いました。

あとは会社のビジョンやミッション、カルチャーに共感が得られましたし、面接で実際にお話させていただいた方々が物腰柔らかくて素敵な方が多く、そういったところも加味してここで働きたいなと思いました。

――入社して、叶えたい夢や目標はありますか?

直近の目標としては、0からWebサイト制作に携わって、公開まで駆け抜けるようなプロジェクトに参画することです。現職ではWebデザインだけ、コーディングだけのように一部分だけ携わることが多かったので、0からあるいはお客様へのヒアリングから携わり、経験を積むことを目標に頑張っていこうかなと思っております。

――私達も応援しております! ありがとうございました。

担当エージェントからヒトコト

転職エージェント藤巻Sさんと初めてお会いした際、言語化能力に長けていらっしゃる方だなと思いました。Webデザイナーとしてのスキルは成長段階でいらっしゃいましたが、聞いたことに対して的確に返してくださるのはもちろん、やりたいことやなりたい姿などを理由や根拠を交えてお話してくださるような「伝える力」をお持ちだったので、選考に対しての不安などは全くありませんでした。

スキルを上げたいという漠然とした転職軸から、「どういう会社にときめくか」という棚卸を一緒にさせていただいた時に、Sさんから「わくわくする仕事がやりたい」という言葉をいただきました。直感的なものではあるのですが、Sさんにとってすごく大切な部分だと感じ、私もそれを常に意識しながらご支援いたしました。

先日お電話をしたところ、生き生きと「この会社に入れてよかったです!楽しいです!」「転職したてでお話しできる人も少ないので、こうやって藤巻さんとお話できて良かったです!」とお話しいただけて、転職のご支援だけでなく、入社後もお役に立てたことが本当に嬉しかったです。

素敵な会社に巡り合っていただけたのはSさんの頑張りがあったからこそだと思いますので、ぜひ自信をもってやりたいことをやってきてください!応援しております。

その他の支援実績はこちらから

【20代Webデザイナー】独学で身につけたデザインの知識。キャリアの最終目的地へ向けて事業会社へステップアップ
【20代Webデザイナー】第二新卒の転職で「本当に実現したいこと」を見つける機会に

  • twitter
  • Facebook
  • Linkdin
  • LINE
  • はてなブックマーク

この転職をサポートした担当エージェント

転職エージェント藤巻 美由紀
転職エージェント藤巻 美由紀

転職エージェント:藤巻 美由紀

生まれも育ちも埼玉県。大学ではスペイン語を中心に様々な国際文化を学んだことで、より日本語に愛着を感じ、日本語を使って「人と何かをする仕事」に就きたいと考えるようになる。また、自分自身没頭できるような趣味などがあまりないことから、特技や趣味に熱を入れて取り組める人が輝いて見えていたこともあり、そういう人々を支援したいという想いでクリーク・アンド・リバー社に新卒入社。現在はIT/Web業界のクリエイターを専門とした転職エージェントとして従事。

関連求人

関連記事