【30代ライター】フリーランスから会社員への挑戦。安定した環境で、インパクトの大きい仕事がしたい!

公開日

2024/06/03

変更日

2024/06/03

転職者情報

Nさん(30歳)

前職  :

フリーランスライター

応募社数:

5

面接回数:

2

転職支援期間:

1ヵ月半

転職後の職種

事業会社のコンテンツ制作

フリーランスから会社員への挑戦

――今回転職しようと思ったきっかけを教えていただけますか?

私はフリーランスとして 10年働いてきました。 20代で妊娠出産し、子育てを優先して仕事してきたのもあって、ほかの人と比べるとキャリア的にはゆっくりなペースだというのも自覚していたんですけど……

30代前になってこのままずっとフリーランスを続けていけるのか、続けていくことはできても果たしてこの技術だけでやっていけるのかと先のことを考えて不安になり、1社にコミットできる会社員を経験したほうがいいんじゃないかと思ったのが転職を決めた理由です。

――フリーランスで続けていくことに不安を感じられたのですね。

そうですね。フリーランスで売り上げようとすると、1人でいろんな仕事をしないといけないので、一案件にコミットできないんです。そうなるとそもそもの単価を上げるしかないんですけど、それが難しくなってきたなという感覚がありました。なので新しい挑戦として「会社員になること」を選びました。

――なるほどです。フリーランスと会社員、働き方が大きく変わりますね。

そうですね。でももう10年もやったので、フリーランスはやりきったなという感じもありますね(笑)

今までは自分で好きなこととか、得意なことしかやってこなかったので、それはそれで仕事としては楽しいし、楽ではあるんですけど……そうすると自分がなかなか成長しないなと。フリーランスだと誰かが育ててくれるわけではないので、学べる環境や、フィードバックをしてもらえたりする環境があるのっていいなと思ったんです。

あとは会社員の方が安定しているところも良いですよね。私、健康診断10年くらい受けてないんです(笑)そういうセーフティーネットみたいなのが、やっぱり会社員の方がちゃんとしているなと感じます。

HIGH-FIVEとの出会いは“note”で

――転職活動はどのように進められていきましたか?

以前転職しようと考えた際に利用していた大手転職エージェントにまずは登録しました。ですが書類選考が全く通らなかったんです。数ヶ月で50 社以上応募したのですが、通ったのはそのうちの2社。その転職エージェントさんに相談したり、いろんな人の書類を参考に修正してみたりしたのですが、なかなか改善しなくて。

そこで、これは別のエージェントにも見てもらった方がいいかもとか、誰かに伴走してもらわないと厳しいかもと思うようになったんです。1 人孤独にやり続けるのはしんどいし、一人で悩んでいるよりは誰かと話し合って進めたほうがいいんじゃないかと考え、エージェントを増やすことにしました。

――クリーク·アンド·リバー社にご依頼くださったきっかけは何だったのでしょうか?

今回、転職活動の情報収集をnoteXですることが多かったんですが、ライター仲間の友人がXHIGH-FIVE」のnoteをシェアしていたのを思い出したことがきっかけです。

初めてHIGH-FIVEnoteを読んだ時は「良い記事だな~こんな転職エージェントがあるんだ~」と思いながらも、「クリエイター専門」と書いてあったのでライター職は違うのかなとエージェントの候補に入れてませんでした。

でも今回は一度サイトを見てみようと思って調べたら、ライター職も支援されているのが分かってすぐに登録した、という流れです。

――noteでHIGH-FIVEを知ってくださったんですね。力を入れていたので嬉しいです!

想像していなかった会社との出会い

――実際に利用した感想もお伺いしたいなと思うのですがいかがでしたか?

一番印象に残っているのは、書類添削の支援ですね。もともと無料のフォーマットを使って作ったペライチみたいな職務経歴書を使っていたんです。でも大谷さん(HIGH-FIVE転職エージェント)にお見せしたら、だめだったみたいで(笑)構成を整えてくださって見ちがえるように良くなりました。

修正した書類を他のエージェント経由の応募でも使っていたんですけど、それに変更したら書類が通るようになって。ちょっと直すだけでもこんなに通過率って変わるんだなと驚きました。

――具体的にどのような修正をされたのですか?

noteで良く見る「書類の書き方」のような記事を見ると、なるべく内容は簡潔に短い方が良いみたいなことが書いてあったんです。それでかなり簡潔に書いたんですけど、大谷さん曰く「全く魅力が伝わらない」とのことで。そこから私の強みやエピソードをできるだけ追記して整えてくださいました。

あとは応募する求人に合わせて、私のやってきたことがアピールになりそうな部分に関して「何を作ったのか」が具体的に分かるように記載したほうが良いというアドバイスを頂きました。

――ありがとうございます。そのほか転職エージェントとの印象的なエピソードはありますか?

「その選択肢があったのか!」というような企業を紹介してくださったのがとても有難かったですね。例えば、私は初めライティングの経験を活かせるPR系の仕事を探していたんですが、「コミュニティマネージャー」や「導入事例のようなコンテンツ制作」という求人を紹介くださって。どれも自分の条件にすごく合っていたし、それによって選択肢が広がったので、大谷さんのおかげで出会えた仕事や会社がありました。そういう自分がイメージしてない会社とのマッチング力がすごくよかったなと感じています。

今回結果的にはリファラルで受けたところに入社を決めましたが、社内や人事の雰囲気やその会社の内情までも教えてくださったこと、応募するときに推薦文を書いてくださったことなど……改めて自己応募より全然いいなと感じることが多かったです。

安定した基盤でインパクトの大きな仕事を

――今回の会社に入社しようと思った理由を教えてください。

リファラルで内定を頂いたのですが、その繋いでくれた人と働きたかったというのが一番の理由です。

フリーランスから会社員になった方なので、私と状況や経歴が似ているんです。でも私よりももっと長い期間フリーランスをされていたし、その時のほうが稼がれていたそうで、周りから見るとその方が会社員をやられているのがすごく意外なんですよね。そんな方が会社員になって 7 年。そういう人が続けられる会社ってきっと良い会社なんだろうなと思いました。

あとカジュアル面談の時に「フリーランスだとやれることが限られちゃうけど、会社だと規模の違うインパクトを残せる仕事ができる」という話をしてくださって。それを聞いて、この会社でこの人と働きたいなと思ったという感じですね。

――会社員に挑戦する環境にはぴったりですね!

そうですね!すごく大きい会社なのですが、部署は 7 人ぐらいで社内ベンチャーのような雰囲気なんです。ベンチャーっぽい社風だけど、会社の機能としてはめちゃくちゃお堅い、みたいな。安定しているという視点で会社を探していたところもあったので、そういう基盤がしっかりしているかつインパクト大きい仕事ができる、というところに魅力を感じています。

――最後に今の目標はありますか?

フリーランスから会社員という新たな挑戦になるので、まずは 1 年続けること。それを目の前の目標にして頑張っていきたいと思います。

――良いお話ありがとうございました!応援しております!

担当エージェントよりヒトコト

HIGH-FIVE転職エージェントの大谷

Nさんは快活なお人柄で、ご自身でnoteでコンテンツを発信していたり、色々なクライアントに業務委託として参画していたことから、コンテンツの制作能力や経験値が高く、幅広い知識をお待ちでいらっしゃるとお見受けしました。一方で、会社員としてのご経験がないことで、例えば周りとコミュニケーションをとりながら仕事を進めたり、衝突した際に話し合って物事を進めていくなど、そういった「会社員」としての働き方に慣れていらっしゃらないという部分が選考の懸念になってしまうかもと感じていたんです。

そのためNさんのご支援は「魅せ方」に気を付け、特に書類添削には力を入れて、Nさんの魅力・スキルをしっかり伝えられるような構成にすることを意識しました。また推薦時には必ず「現在は業務委託だけど、正社員としてコミットして働いていきたいという気持ちが強いこと」「周りと協調しながら仕事を進められる人材であること」という内容を直接人事の方にお伝えするようにしていました。

残念ながら弊社でのお手伝いは叶いませんでしたが、無事にご希望されていた働き方ができる会社に決定されたようで嬉しく思っております。引き続きNさんの発信を楽しみにしつつ、新天地での活躍を心から祈ってます。

その他の転職体験ノート

【20代ライター】「面接はインタビューだと思って」職務経歴に合わせた転職アドバイスで苦手な面接を克服
【20代編集】業界未経験から得意分野のコンテンツディレクターへ。二人三脚で掴んだ一社応募、一社内定

  • twitter
  • Facebook
  • Linkdin
  • LINE
  • はてなブックマーク

この転職をサポートした担当エージェント

転職エージェント大谷 航也
転職エージェント大谷 航也

転職エージェント:大谷 航也

理系の大学にて「ものづくり」を学ぶも挫折。自身は創る側でなく売る側の人間だと知る。卒業後は、製造小売大手企業へ新卒入社。店舗に配属され個人営業を1年経験後、2年目から人事部へ異動。採用担当者として、毎年100名以上の採用に携わる。
人事キャリアを活かしながら、自身では出来ない「ものづくり」を出来る方を支援したい思いからクリーク・アンド・リバー社へ転職。現在までIT/Web業界を担当しクリエイターのキャリア支援を行っている。

関連求人

関連記事