【20代Webデザイナー】スキルの伸びしろに悩み、始めた転職活動。相性の良い転職エージェントと掴んだ「成長できる環境」

公開日

2024/04/18

変更日

2024/05/13

転職者情報

Mさん(27歳)

前職  :

Webデザイナー

応募社数:

11

面接回数:

3

転職支援期間:

2ヶ月

転職後の職種

Webデザイナー

デザイナー仲間や、フィードバックをもらえる環境が欲しい

――まず初めに転職しようと思ったきっかけを教えていただけますか。

転職しようと思ったきっかけは、スキルの伸びしろに悩んでいたというのが 1 番大きいです。前職ではデザイナーが自分ひとりきりだったこともあり、いろいろな制作物に携われる機会を頂いて、しっかり経験を積むことができました。ただその一方で、ひとりだからこそスキル的にもキャリア的にも成長の限界があるなと感じるようになってしまいまして、半年過ぎたくらいから長い目で転職しようと考え始めたんです。

でも今後のことを考えたときに、もっと技術的な部分を教えてくれるようなデザイナー仲間や先輩、フィードバックをもらえるような環境というのがキャリアアップにおいて必要不可欠だと気付き、すぐに転職しようと決意をしました。

――なるほど、今の環境では成長していくことが難しいと感じられたのですね。

そうですね。あとは上司との人間関係がうまくいかなかったというのもあります。特に働き方に関する考え方が合わず、ストレスを感じていました。なのでここで我慢して続けていくよりも、気持ちを切り替えて次のところで頑張ろう!と決心してスパっとやめました。

メインはデザイナーとしての成長やスキルの伸びしろを考えてというところで、そこへ働く環境などの要因が重なってすぐにでも転職しようと決めた、という感じですね。

大小様々な会社から声をかけてもらえる「スカウト」サービス

――転職をしようと決意されてからの情報収集はどのようにされていましたか?

ITWeb業界に特化している大手転職サイトを利用していました。やっぱり検索エンジンで自分で調べるとなると、検索結果にどうしても大手が出てくるじゃないですか。SEOのこととか考えると、ある程度キャリアがあって、資金力があるような会社ばかりがどんどん出てきちゃうなって思って。

その時は大手よりも、小さすぎず大きすぎずみたいな規模感の会社が自分に合っていると思っていたので、そういった大小様々な会社から声をかけてもらえる「スカウト」というサービスがすごく自分に合っていました

――転職エージェントはもともと使おうと思われていたのでしょうか?

はい。自分ひとりでの転職活動は難しいだろうなと思っていたんです。前職はかなりいそがしかったので、仕事しながら転職活動の時間が取れないことや、そもそもモチベーションが続かなそうだと不安がありました。

でも以前大手の転職エージェントサービスに登録したときに、自分の希望とは全然関係ない施工業務とかの案件を提案されてしまったこともあって。

そういった苦い思い出もあるので、自分の希望するITWeb業界に絞っている、さらに自分が入りたいと思うような方向性の企業を扱っている転職エージェントにお願いしたいと思っていました。

――では、HIGH-FIVEにご依頼くださったきっかけは弊社の転職エージェントからスカウトを受け取って…?

そうですそうです!藤巻さん(HIGH-FIVE転職エージェント)からスカウトいただいて。……ただぶっちゃけた話、初めは絶対クリーク·アンド·リバー社さんじゃなきゃ嫌だ!というわけではなかったんです。たまたま開いた、というのが本音で。

でも受け取った時に「クリーク·アンド·リバー社」ってなんか聞いたことあるな?と思って調べたらゲームを作っている会社だと分かって。僕ゲームが好きで結構やっているんですけど、記憶の中にゲームのエンディングにクリークさんの名前が出てきたことが残っていたんです。それで「あのゲームつくっている会社だ!」とテンション上がってお願いしました(笑)。

――なんと!ゲームを作っていてよかったです……!

でも藤巻さんのスカウト文もとても印象に残っていますよ!前職が人材会社だったので、隣の席でエージェントがスカウトを打っている姿を見ていたんです。その時の印象が「数打ち作戦」で定型文をたくさん送るという感じだったんですが……藤巻さんのスカウト文には「Mさんのこういうスキルが良いと思いました!」という文章があって、「自分のポートフォリオをちゃんと読んでくれていたんだな」と感じたのが大きかったです。

“担当エージェント”との本質的マッチング

――実際にHIGH-FIVEの転職支援サービスを利用してみていかがでしたか?

担当してくれた藤巻さんとの相性が良かったなと感じています。こうガツガツこられてしまうと結構引いてしまうタイプなんですけども、進め方のテンション感やペースをちゃんとこちらに合わせてくださいましたし、なにより紹介してくださった企業が自分の意図をしっかりくみ取って、理解してくださった上でのご提案なんだと感じました。

あとは面接対策でもお世話になりましたね。最初は全然慣れていなかったので、厳しいお言葉もいただいたりとかしていて……(笑)。で何回かやらせてもらって、最後の方には「めっちゃよくなりましたよ!」と褒めていただけたんです。それで自信がついたというか、そのおかげで面接当日まったく緊張しなかったんですよね。

――練習の成果がしっかり出ていますね!

そう思います!内定した会社の1 次面接を担当してくれた今の僕の上司からも、「面接全然緊張してなかったですよね、すごくやりやすかったですよ!」と言っていただけて、ちゃんと繋がっているなと練習の効果を実感しました。

――良かったです!そういえば担当エージェントからMさんは課題を苦戦された、とお伺いしているのですが……

そうなんですよ!第一志望企業の選考過程でバナー制作の課題が出されたんですが、当時は制作経験が少なかったこともあり、本当に難しくて。でも経験を重ねた今思い返してみると、藤巻さんのフィードバックは本当にデザイナー目線の的確な指摘だったなと思います。もうデザイナーやったら?と伝えました(笑)。

――たくさんお褒めの言葉ありがとうございます!そのほか担当エージェントとの印象的なエピソードはありますか?

藤巻さん、結構頻繁に電話をくださる方なんです。お忙しいだろうに、わざわざ電話で様子や進捗を聞いてくださったりして。それが本当に嬉しかったんです。やっぱりひとりで進めているとどうしても不安になることもあるんですけど、その電話で自分のことをちゃんと気にかけてくれているんだなというのを感じて心理的に安心しました。ぜひ無理のない範囲でそのスタイルは貫いていって欲しいです。

――しっかり伝えておきますね!

背中を追える存在がいる環境があるということ

――今の会社に入社を決めた理由を教えてください。

やりたいことと今までやってきたことのバランスがちょうど良いのかなと思っています。というのも今の会社は主な事業がWebマーケティングになるのですが……それこそ SEOLPOLanding Page Optimization)について考えることがメインなんです。

前職では自分でメディアを立ち上げて、記事の SEOについて考えた経験があり、その仕事自体は楽しいなと思っていましたし、サイトを作る仕事も続けていきたいと思っていたので、そういう機会が多いという点でここで頑張ろうと決めました。

――ちなみに転職理由に「デザイナーとしての成長」もあったかと思うのですが、その点ではいかがでしょうか?

同じデザインの部署にいる先輩からも毎日色 々 なことを教えていただきますし、毎週木曜日に外部の凄腕デザイナーさんが研修しに来てくれるんです。今作っているデザインの細かいところまで見てもらって、「ここはもっとこうした方がいいんじゃない」というフィードバックがもらえる最高な環境です。

あと、一緒に働いているデザイナーの上司が、広告運用の経験がある方なんですよね。「どういう LP・バナー が刺さるか」「どうしたらコンバージョンするか」に関して経験と知識を持っていて、僕はそのあたりの知識はほとんどないんですけども、 一方でデザインだけでなくコーディングに関する知識は持っている。なのでお互いにできないところを教え合える関係になっていて、それはお互いのスキルアップにつながるし、良い相乗効果を生めるような環境なんです。

――まさに求めてられていた環境なんですね!これからの夢や目標はありますか?

今のところまだ明確にはありません。ですが近々の目標としては、メンターについてくださっている先輩がめちゃくちゃすごくて、あの人に追いつきたいというのがあります。本当にすごい方で追いつくにはまだまだ先は長いと思うんですが(笑)。

――素敵です!……ちなみにどんなデザイナーさんなのでしょうか?

きれいなものを作る天才、ですかね。…なんというか、本当にセンスがすごい人なんです。デザイナーとしてあんまり「センス」って言葉使いたくないんですけども(笑)、それでもあえていうならばあの人はセンスがすごいなって、僕は思います。同じデザイナーとして、背中を追いたい存在です。

――これからも応援しています。素敵なお話ありがとうございました!

担当転職エージェントからヒトコト

転職エージェント藤巻

限られた業界でのご経験しかないことを懸念されていましたが、Mさんのポートフォリオを拝見した際にデザイナーとしての伸びしろを感じ、「まだまだご活躍できる場があるはず、ぜひ支援させていただきたい!」と思ったことを今でも覚えています。

インタビューの中に面接対策についてのお話がありましたが、私もとても印象に残っています!初めてお話した際にご緊張されやすい方だと感じ、Mさんにはまず面接という場に慣れていただくことが一番だと考えました。通常の面接対策では想定質問をもとに回答の内容を一緒にブラッシュアップすることが多いのですが、今回は模擬面接のようなかたちで本番を想定しながら、何度も繰り返し練習。その結果、Mさんの魅力がしっかりと企業に伝わり、第一希望で内定を頂けたことが私もとても嬉しかったです。

また、バナー制作では一緒に試行錯誤しましたね!(笑)真摯にクリエイティブと向き合ったあの時間は、Mさんとともに転職エージェントとしての私の成長にもなりました。この転職活動での経験がMさんのキャリアに少しでもお役に立てていたら幸いです。

新しい職場で楽しく働けているとお伺いしています。今回の転職でMさんの求められていた環境を手に入れることができたのは紛れもなくMさんの努力の賜物です。ぜひ色々なことを吸収されて、素敵なデザイナーになってください!

その他の転職体験談はこちら

【20代Webデザイナー】独学で身につけたデザインの知識。キャリアの最終目的地へ向けて事業会社へステップアップ
【20代Webデザイナー】マネジメント業務よりも「デザイン」がしたい!希望を叶えるために挑んだ初めての転職

  • twitter
  • Facebook
  • Linkdin
  • LINE
  • はてなブックマーク

この転職をサポートした担当エージェント

転職エージェント藤巻 美由紀
転職エージェント藤巻 美由紀

転職エージェント:藤巻 美由紀

生まれも育ちも埼玉県。大学ではスペイン語を中心に様々な国際文化を学んだことで、より日本語に愛着を感じ、日本語を使って「人と何かをする仕事」に就きたいと考えるようになる。また、自分自身没頭できるような趣味などがあまりないことから、特技や趣味に熱を入れて取り組める人が輝いて見えていたこともあり、そういう人々を支援したいという想いでクリーク・アンド・リバー社に新卒入社。現在はIT/Web業界のクリエイターを専門とした転職エージェントとして従事。

関連求人

関連記事