クリエイターの
転職就活事例をご紹介
転職・就活事例
1000Vol.43

自分の市場価値に自信を持てない3DCGデザイナーが、面接練習を通して大手パブリッシャーで内定!

この記事にいいねしてね!

1
転職者データ

Tさん [34歳・男性]

●お住まい:神奈川県
●既婚・独身:独身
●転職回数:1回
●推薦(面接)社数:5社推薦(4社面接)
●エージェント接触回数:ほぼ毎日メール、面接前は事前面談&面接後電話
●転職支援期間:2ヵ月
●当初の転職要件:年収アップ

Before
  • 業界ゲーム業界
  • 企業名ゲーム制作会社
  • 職種3DCGデザイナー(背景モデラー、背景デザイナー)
  • 現年収400万円
  • 希望年収500万円

・モデラーとしての業界実務経験(業界経験5年)
・版元と折衝経験
・CGライティングの実務経験がある

After
  • 業界ゲーム業界
  • 企業名大手ゲーム開発企業(パブリッシャー)
  • 職種3DCGデザイナー(背景モデラー、背景デザイナー)
  • 雇用形態正社員
  • 年収544万円

3DCGデザイン(背景モデラー+CGライティング)

転職エージェント古川に相談する

3DCGデザイナー(背景モデラー)としての市場価値が分からず、自信が持てない

今回ご支援された方は、どのようなご経歴・ご希望をお持ちだったのでしょうか?

当社で主催している、クライアントの面接会でお会いしたゲーム3DCGデザイナー(背景モデラー)の方です。転職エージェントを利用したことがなく、6年ぶりの転職活動ということもあり、希望の転職がかなえられるのか不安が多い様子でした。
年収アップがかなえられるのか、自分の市場価値はどのくらいなのかかなり心配されていたため、ゲーム業界の市場の状況やTさんの強みについてお伝えしました。

【当時のご希望条件】

・アセット制作だけでなく、自社でゲーム制作をしているようなパブリッシャー会社でスキルアップしたい
・年収を上げたい

古川さんから見たTさんの課題はどのようなところでしたか?

Tさんは、家業のお手伝いやグラフィックデザイナーなどゲーム業界以外のご経験もされてきているため、ご年齢に対してゲーム業界での経験年数が少ないことが企業によって懸念されそうでした。また、Tさんのご年齢だとマネジメントやアートディレクションのスキルが求められることも多いのですが、そこが未経験であることも気がかりでした。
Tさん自身もそういった点を気にされていたのか、ネガティブな受け答えになってしまったり、謙虚な性格のために自己アピールが上手くできなかったりなどの課題もありました。

ゲーム業界転職エージェント古川

模擬面接練習を繰り返し、自己アピールのコツをつかんでいった

面接慣れしておらず、自己アピールが上手くできない方は多そうですよね。課題に対してどのように対策していったのでしょうか?

とにかく面接対策に時間をかけておこないました。
先ほどお話ししたように、Tさんは自己アピールが苦手な印象だったので、自分のことを話す機会を増やし、面接で伝えるべきポイントを整理していただくようにしました。緊張しやすい方だったので、なるべくいろいろな人と話をしていただき、面接の雰囲気に慣れてもらいました。

また、今回、Tさんが第一志望にしていた企業が大阪に拠点を置いており最終面接が大阪本社でおこなわれる予定だったため、当社の大阪支社のエージェントにもお会いいただきました。慣れない土地での面接は特に不安に思われる方が多いので、当日万全の状態で臨んでいただける様、大阪での面接のポイントについてもフォローさせていただきました。

熱意を伝えて第一志望で内定!面接練習が実を結んだ

東京と大阪に拠点があるからこそのフォローですね!その後、Tさんはどのような結果になったのでしょうか?

緊急事態宣言の発令やウイルスの流行などによって、選考が進んでいる企業の採用状況も日々変わる中での活動になり、面接が決まっていた企業が選考中止になるなど、予期せぬことも起こってしまいました。
ただ、当社エージェントがクライアント企業と深い関係値を築けていたため、日々変わる状況をタイムリーにキャッチアップしており、Tさんにも情報をお伝えできたことで、不安にならず、安心して選考を進めていただくことができました。

結果、第一志望だった大手ゲーム開発企業で内定をいただき、入社を決められました。 3DCGデザイナー(背景モデラー)としてのスキルやCGライティングができる点、クライアント折衝の経験もあったため、社外とのやり取りもお任せできそうであることなどを高く評価いただきました。
また、Tさんがこの企業が開発しているゲームの大ファンであることを、事前に対策した通りにアピールできたことも面接官に良い印象を与えたそうです。面接対策の成果が表れて、私も嬉しかったです。

ゲーム業界転職エージェント古川

Tさんのご支援で、印象に残っていることはありますか?

大阪での最終面接の時、当社大阪支社のエージェントと事前対策をおこなってから臨んでいただいたのですが、エージェントから「楽しんできてくださいね!」と声かけがあったことが励みになったとTさんからご連絡いただきました。

今、選考や面談もオンライン化が進んでいますが、実際に企業の中に足を踏み入れて、現地の雰囲気や現場のことを知っているエージェントが東京にも大阪にもいることは当社の強みであると思っています。東京から大阪へ、大阪から東京への転職もお任せください!Uターン転職のご相談も承っております。

大阪にも拠点を持つクリーク・アンド・リバー社だからこそのエピソードでした。本日はありがとうございました!

エージェント:古川夕夏

この記事にいいねしてね!

1

転職をサポートした 担当AG

古川
43

この記事を書いた人:古川Furukawa

実家が印刷会社だったため、父親が持って帰ってくる白紙の用紙によく絵を描いていた子供時代。子供のころの夢はイラストレーターだった。人の「やりたいこと」を叶える仕事がしたく、その中でも特に自分自身クリエイティブ業界に興味が高かったため関西の大学を卒業後、新卒でクリーク・アンド・リバー社へ入社。入社から一貫してゲーム業界特化で転職支援をしている。ゲームクリエイターの生涯価値向上のため転職だけではなく、その後のスキルアップの機会提供など長期的に目指したいキャリアを叶えるための支援ができるようなエージェントを目指す。

\ 転職AG古川ってどんな人? /

\ SNSでシェアしてね /

  • twitter
  • facebook
  • Linkedin
  • LINE

転職・就活事例1000一覧に戻る

その他の事例記事を見る

#タグ検索

+ 続きのタグを見る

ページトップへ