【イベントレポート】デザイナー就活講座#2「ポートフォリオの作品チョイス編」

2

【無料】デザイナー就活講座 お申し込みはこちら

はじめに

みなさんこんにちは!就活エージェントの小林です。

昨今のコロナ禍により就職活動で思うように情報が得られない、という声が学生さんから多く聞こえてきます。
そんなゲーム業界を目指す学生さん・デザイナーを目指す学生さんのために、クリーク・アンド・リバー社は、就活を成功させるためのポートフォリオづくり、業界研究などの勉強を軸にした講座を開設することにしました!

実際にゲーム会社で採用に携わりながら、様々な学生のポートフォリオづくりや就職活動を指導してきた株式会社Donutsの根岸遼様を講師にお迎えし、YouTubeLiveでのオンラインセミナーという形式で開催している全10回の講座。

今回はその第2回目のレポートをお送りします。
前回持ち越した内容も含んだ盛りだくさんの内容となりました!

講師紹介

株式会社Donuts 採用担当 根岸 遼 氏
2006年 自動車の設計開発者としてキャリアをスタート
構造設計・デザインに携わる
2013年 株式会社コロプラにて新卒採用を担当し、数多くのデザイナーを採用
年間3,000冊を超えるポートフォリオの評価や選考、アドバイスを行う
ノベルティや採用サイト、オウンドメディアの制作ディレクションも担当
2017年 株式会社ファリアーにて、全国でデザイナーを目指す学生の育成を行うとともに、
企業の採用コンサルティングやデザイナー組織の設計をサポート
2020年 株式会社Donutsのゲーム事業部を、世界で戦える組織にするためにジョイン
“ゲームのDonuts”を絵描きの王国にすべく活動中
採用や選考に関わりながら、勉強会やワークショップの設計、イベントのLIVE配信なども企画から携わる つくるもの問わず、構造設計を得意とする

ポートフォリオの作品チョイス編・概要

・ポートフォリオづくりのコツ(前回の続き)
・ポートフォリオに入れる作品の選び方
・ポートフォリオを作りこむには?
・質疑応答

■黄金比を活用しよう(前回の続き)

黄金比」とは1:1.618の人間が美しいと感じる比率のことを言います。
学校で学んでいる人、雑学として知っている人はいると思いますが、ポートフォリオを作る際までに用いている人は多くないかもしれません。

ここでは「黄金比」をポートフォリオに反映させる工夫について教えていただきました!
・どうやって作品に「黄金比」を反映させるか
・「黄金比」が用いられている作品の具体例
・ポートフォリオの配置に「黄金比」を当てはめてみる


など、すぐに実践できそうな工夫についてご紹介いただきました。 黄金比について ■ポートフォリオに入れる作品の選び方

ポートフォリオを作る際にはどんな作品をピックアップすればいいのか、どんな流れで構築すればいいのか…。

この疑問には正解はないものの、どうしたらよく伝わるか、そして何を伝えたいかによって意識すべきポイントは変わってきます。もちろん、前提としてそのポートフォリオで企業に対して何を伝えたいか、を定め、考える必要があります。

重要なポートフォリオに入れる作品の選び方・配置のコツについて、具体的な例を交えてご紹介いただきました!
その中からいくつか抜粋してご紹介していきます。

・ポートフォリオ全体のストーリーを決めてから、それに沿って載せる作品を決める
・「起承転結」を意識してみよう
・起承転結のボリュームは、ストーリーに合わせて変更する
・最初に起承転結を決めると全体のレイアウトが定まるので作りやすい

起承転結 ■ポートフォリオの作り込み方

自分の伝えたいことを、より良く・強く伝えるためには作品を作りこんでクオリティを上げたり、幅を広くしたりといった工夫が必要です。
細かい工夫の仕方について、詳しく図解付きでご説明いただきました。
ポートフォリオのブラッシュアップをしながら自身のスキルアップにもつながる内容です。 ポートフォリオの作り込み方 ・メインキャラを中心に横に広げる(関係キャラ、植物・動物・建物などの設定も考えてみる)
・メインキャラを中心に縦に広げる(塗りを変える、頭身を変えるなどの描き方を工夫してみる)
・「5%→30%→100%の法則」ポートフォリオのそれぞれの完成度のタイミングでアドバイスをもらって修正を繰り返す
・何となくで作らない!何を見て貰いたいかを意識する


■質疑応答

50分程度の講義の後は質疑応答コーナーがあります。
講義を聴きながら生じた質問だけでなく、普段から疑問に思っていること、悩み等を一つ一つ親身にお答えいただきました。

Q.イベントなどの企画をポートフォリオに落とし込むには?
A. イベントの目的、結果などを起承転結に当てはめて、一つの作品にする。
 頭の中がきちんと整理できる人間であるというアピールになる。

Q.載せる作品数、ページ数はどれくらいがベスト?
A.多くても少なくても気にしない。最低でも見開き3ページずつくらいあると良いかも。
 量が少ない場合は、すぐ見終わってしまうような内容だと評価は高くない。量が多い場合は、最後まで飽きさせない工夫を。

ポートフォリオの構成や作品チョイス次第でアピールできることが変わってきます。
「自分はどういう人間で、どういうことをやりたいのか、どんなことができるのか」
しっかり棚卸して、それを表現したポートフォリオを作っていきましょう!

終わりに

今回も1時間たっぷり使った講座となりました。
講座の中での質疑応答次第では、その課題に対する詳細な解説なども次回の講座の内容に追加される等、リアルタイムで参加学生と一緒に作っていくような講座になっています。

現在第7回の講座の申し込みを受け付けています!
「視覚優位、聴覚優位について」をテーマに、ポートフォリオづくりに役立つ情報満載の内容となっています。

興味を持った方は是非ご参加ください!

講座詳細・お申し込みページはこちら:https://www.creativevillage.ne.jp/84067

【無料】デザイナー就活講座 お申し込みはこちら

コラム一覧に戻る

#タグ検索

ページトップへ