オウンドメディア企画

#5. 採用オウンドメディア作り方・立ち上げ「情緒的価値を形にする採用ブランディング」

この記事にいいねしてね!

4
4

介在価値とは?

こんにちは、ヒデです。

今回は、「介在価値の最大化、情緒的価値を形にする→採用ブランディング」についてお話しします。
そもそもエージェントの「介在価値」って何でしょう?

本来は、求人する企業と仕事を探している転職者が、 当事者同士で直接交渉を行いますが、 あえて第三者としてエージェントが入ることによって 何らかの付加価値を提供することかと思います。

では、「自分(チーム)の介在価値とは?」を改めて考えてみましょう。
『あなたがクリーク・アンド・リバー社で働く理由』についてワークショップを用意してみました。

『あなたがクリーク・アンド・リバー社で働く理由』ワークショップ

働く理由ワークショップ" 「なぜこの仕事をやっているのだろう?」という設問に対して理由を幾つか用意。
その理由の大きさを5段階で評価し、その中から上位3つを挙げてもらいました。
こうしたワークの中で自分と向き合う時間を設け、最終的には、「私の介在価値宣言」として、 自分は何を届けているプロフェッショナルなのかを宣言してもらいました。

自分は何を届けているプロフェッショナルなのか?

プロフェッショナル" エージェント皆さんの宣言
・豊かな暮らし
・人生の転機におけるGoogle マップ
・人生の分岐点における正しい選択肢
・なんでも相談できる安心感
・気づきの機会
・今より少し幸せな人生
・人生の選択肢/おせっかい
・クリエイターが成⻑できる機会
・101%
・クリエイターに後悔のない選択肢
・創らないクリエイティブ
・同じ目線に立って悩み考え、何が最善なのか共に考える伴奏者役
・クリエイターにとって最初の一歩を踏み出せるプロ
・新しい発見
・クリエイティブの黒幕
・気づきと成長の介在
・Smile&Happiness
・可能性が広がる選択肢
・ワクワクする未来
・活躍の選択肢
・課題の解決
・次につなげるプロ
・・・などなど。

いろいろな思いが言葉となり、各人の「信念」とのつながりを感じました。
共通している言葉も多く、これが「クリーク・アンド・リバー社らしさ」であると。
これらをピックアップしながら下記のようにまとめてみました。

「クリーク・アンド・リバー社らしさ」を情緒的価値で形にする「採用ブランディング」

採用ブランディング" 「機能的価値」は、他社エージェントと比較しても似たり寄ったりで正直なところ差別化が難しいです。
クリーク・アンド・リバー社でしかできない体験=情緒的価値を形にすることで、 「クリーク・アンド・リバー社らしさ=ブランド」を伝えていければと考えました。

昨今の転職市場を見ていると、価値を提供する難しさは増していると感じています。
生活環境の変化や新たなビジネスも次々と生まれ、働き方や職種も多様となり、求職者自身の価値観も尊重され、 キャリアの選択も複雑になってきています。

多様化する生き方の中で「自分らしさ」をキャリアに含めて考えることはもはや必須であり、 それを生涯を通してサポートし続けることが当社の介在価値なのだと明文化しました。
オウンドメディアでは、これをコンセプトとして伝え続けていきたいです。

次回は、フィロソフィーとキャッチコピーとサイト名を決めます!

#1. どうしてHIGH-FIVEを立ち上げたのか?
#2. 理念を活用したマーケティング
#3. 求職者と共創するブランドの体験価値
#4. 何をしているときが一番嬉しいんだっけ?
#5. 介在価値の最大化、情緒的価値を形にする→採用ブランディング

この記事にいいねしてね!

4

コラム一覧に戻る

#タグ検索

+ 続きのタグを見る

ページトップへ