ありのままに かんじるままに #4. 何をしているときが一番嬉しいんだっけ?|採用マーケティング

2

はじめに

こんにちは、ヒデです。 #4となりました。
HIGH-FIVEが、2020年9月にリリースされてから6ヵ月が経とうとしています。
社内外から色々な反響を頂いてまして、とてもうれしく感じています。

先日は、取材した方が記事を拡散してくれまして、 数名の方から弊社エージェントへ転職のご相談をいただきました。
今後、反響や成果についても少しずつ触れていきます。

さて、前回「自分たちらしさで挑むブランド戦略とは?」ということで、 みんなでワークショップをやろう!というお話までしました。
僕自身がクリーク・アンド・リバー社や業務、エージェント個人を知りたいという意図もあるのですが、 エージェント自身が自分達を知るということを、 このタイミングでやっておきたいと考えました。

お題はこちら。
● 自分(達)と向き合い、自分(達)らしさを知る
● 自分(達)の介在価値とは?


まずはやってみよう!

何をしているときが一番嬉しいんだっけ?

一つ目のお題です。
”自分(達)と向き合い、自分(達)らしさを知る”ということで、 「何をしているときが一番嬉しい・楽しい?」かを改めて考えてみます。

これって突き詰めていくと、人が生きていく上での 哲学のようなところにまで辿りつくと思っています。

「嬉しいこと・楽しいこと」が、自分の生き方となり、 社会や会社とリンクして、価値提供できていることが理想かと。

ではまず、カスタマージャーニーマップを用意します。
フェーズはざっと、認知、集客、応募、誘致、エントリー、面接、入社、入社後を設置。

何個でも構わないのでフェーズやシーン毎に、 「嬉しかった・楽しかったこと」エピソードを書いてもらいます。

そして、それをカスタマージャーニーマップにペタペタと付箋で貼ってもらいました。

こちらが集計したものです。
カスタマージャーニーマップ" ()内の件数は、各フェーズごとのエピソード件数です。
認知(8件)、集客(6件)、応募(2件)、誘致(3件)、エントリー(24)、面接(11)、入社(20)、入社後(30)

興味深かったことは、「入社後」エピソードが多かったこと。

エピソードを読んでみると・・・
「紹介した方が活躍している」「紹介した方と一緒にビジネスができた」「今でも食事に行く」等々、 入社後にも継続して交流しているケースが多いことが見えてきました。
C&R社ミッション「プロフェッショナルの生涯価値の向上」がひとつ体現できている!
それにエピソードが山ほど出てくる!すごい!


こういった体験を積み上げていくことで、 弊社エージェントのブランドを形にしていくことができると確信。

更に深堀していこう!
次回「介在価値の最大化とは?」についてお話しします。

#1. どうしてHIGH-FIVEを立ち上げたのか?
#2. 理念を活用したマーケティング
#3. 求職者と共創するブランドの体験価値

コラム一覧に戻る

#タグ検索

ページトップへ