ありのままに かんじるままに #2. 理念を活用したマーケティング|採用マーケティング

4

前回をカンタンにおさらい

こんにちは、ヒデです。

#2となりました。
むかし、イラストレーターみたいな仕事もやってたので、 今回からちょっとそのテイストも入れて、イラストや図を多くしていこうかと。(またハードルあがるな。。)

さて、前回をカンタンにおさらいします。
幾つか部内で課題がありました。(市場の視点はまた別で)

● 自分達の考えや熱意をアウトプットする機会が少ない→戦略がブレる・コミュニケーション不足
● エージェントとマーケティング部門の距離がある→戦略と戦術が連動していない
● 他社の動向に引っ張られる→競合依存

共通することは、「自分たちらしさ」が言語化されてないので、 ベネフィットが伝えられてないことかなと考えていました。
そして、これがないとポジショニングやターゲティング、戦略も立てられない…。

「自分たちらしさ」に気が付くのって難しいですよね。
俯瞰して自分と向き合っていかないと気が付けないと思っています。

理念を活用したマーケティング

そして、#2のテーマ「理念を活用したマーケティング」となるのですが、 「ゆるーく書いていきまーす」と言っておきながら、 いざ書き始めてみると重くなりそうなので、サラッと触れていきます。(ざっくばらんにやってみますか。)

「企業理念」「経営理念」「ミッション」「ビジョン」・・・などなど。
いろいろな言葉で語られていて、ゴチャとしてる企業もありますが、 そもそもは「その企業の存在意義」ですよね。会社がある限り揺るがないところ。(経営理念は経営者次第で変わりますから。)

当社にも企業理念はあるのですが、その中の「使命」として、強烈な言葉があります。

「プロフェッショナルの生涯価値の向上」
(並んで大切な「クライアントの価値創造への貢献」は、また別でお話ししたいです。)

プロフェッショナルの生涯価値の向上 これをマーケティングにもきちんと組み込んでいきたいと考えました。

「価値観」や「機能」を構造化

僕自身も2019年8月から中途採用で入社したのですが、この言葉と考えに「ガツン」とやられ入社を決意。 破壊力のある言葉だなと感じています。社員同士の会話の中でも、この言葉をよく耳にします。

いわゆる「ビジョナリー経営」で統率がとられていて、ここまで価値観が浸透している会社も珍しいなと思いました。

通常業務では個々人の行動に浸透していると見ています。
ただ、これらは個々人のものになっていて言語化されたり表に出てくる機会がありません。
この「価値観」や「機能」を「エージェントの体験」「求職者の体験」から棚卸ししていくことになるかなと。
※下記は「理念・ベネフィットの構造化」シート 理念・ベネフィットの構造化"

クレド「介在価値の最大化」

こちらは、僕が所属するクリエイターエージェンシーグループ内のクレドです。
昨年にグループ内で作られたそうです。
これが僕等の価値観のベースになるものであり、構造化シートの最下段(マインド)に入ります。
CAGクレド

全員でワークショップやるしかないかな・・・

個々人のフィルターを通してどのように解釈されて行動や言動になっているか?が知りたいと思いました。
また部署やチームの戦略や行動と結びついているのか?についても見ていく必要があります。
まずは、「会社を知る」「チームを知る」「自分を知る」ことの中から、 使命やベネフィットを再確認して、言語化して共通認識としていくこと。それが唯一無二の武器になることと考えました。

「これは全員でワークショップやるしかないかな・・・」

ハードルは上がりますが必要なプロセスです。 マーケティングの土壌を作る一歩として、組織の視点からも進めないと、 上手くいかないですからね。長い道のりかと感じるかもしれませんが、これが一番近道かと思います。 進んでくればマーケティング活動のスピードが上がるはず!(と信じて)

● 自分と向き合い、自分(達)らしさを知る
● 介在価値の最大化とは?

次回は「自分たちらしさで挑むブランド戦略とは?みんなでワークショップ!」

何をしているときが一番嬉しいんだっけ?

つづく・・・。

#1. どうしてHIGH-FIVEを立ち上げたのか?
#2. 理念を活用したマーケティング
#3. 求職者と共創するブランドの体験価値

コラム一覧に戻る

#タグ検索

ページトップへ