クリエイターの
転職就活事例をご紹介
転職・就活事例
1000Vol.26

プレゼンで熱意を伝えて逆転内定!30代財務、大手企業からスタートアップへ転職し年収1,100万円以上に

転職者データ

Kさん [38歳・男性]

●既婚
●住まい:東京都
●転職回数:2回
●応募経路:CAREERCARVER
●推薦(面接)社数:2社
●エージェント接触回数:10回以上
●転職支援期間:2020年1月から2020年7月

Before
  • 業界情報・通信業
  • 企業名大手シンクタンク
  • 職種財務
  • 雇用形態役員
  • 勤務地東京都
  • 現年収1,000万円
  • 希望年収1,000万円以上

大手企業二社にて、単体・連結決算業務
連結財務諸表作成から有価証券報告書開示資料作成の全工程に従事。
その他、出資・事業投資の経済性評価及び、投資評価方法の策定

●当初の転職要件
業務内容や企業環境に不満がある訳ではないため、すぐの転職を考えている訳ではなかった。
大手企業で財務中心に業務をやってきたが、ファイナンススキルをさらに高めるために外部環境の可能性を検討したい。具体的にはIPOやM&Aに関わる部分と、唯一本業に興味持てないところがあるので、そこを払拭できれば尚可。

After
  • 業界放送業界
  • 企業名M&A、スタートアップ投資
  • 職種財務・事業開発
  • 雇用形態正社員
  • 勤務地東京都
  • 年収1,120万円

①買収候補企業ソーシング業務
②買収候補企業デューデリジェンス業務
③買収候補企業との交渉・調整業務
④M&Aについての社内説明資料作成業
⑤買収実行業務

採用企業の募集要項
・事業開発、M&A、PMI、事業再生、グループ再編などの経験
・メディア事業に近い事業会社経験

<求める人物像>
・投資業務はきめ細やかなタスクが多いため、丁寧且つきちんと作業を遂行できる方
・立てた道筋に対して、困難な状況においても前向きにやり抜ける方
・投資や事業を作っていくうえで、関わる企業や人によりそう心を持てる方

転職エージェント三木に相談する

はじめに

こんにちは。株式会社クリーク・アンド・リバー社HIGH-FIVE編集部です。今回は、年収が高いCXO・ハイクラス・エクゼクティブ領域に特化したエージェントである三木さんの転職支援ストーリーです。

これまでと今後のキャリアについての棚卸からスタート

今回ご紹介いただく転職事例ではどのような方をご支援されたのですか?

今回ご支援させていただいたKさんは、これまでずっと大手企業にて単体連結の財務諸表作成、決算業務、国際会計基準の導入、連結システム導入など財務の領域でご活躍されている方でした。財務業務を一通りやってこられている中で、さらにファイナンススキルを高めていくために、一度これまでとこれからについてキャリアの棚卸を含め整理をしたいとのことでご相談にいらっしゃいました。

現状の職場環境や業務内容に不満がある訳ではないので、「良い企業に出会えたら…」というご縁ありきでの、中長期的なご支援になるだろうと予測していました。

Kさんはどんな課題を持っていたのでしょうか?

財務として大手企業の中でやるべきこと・そのために必要なスキル習得・実績作りはやってきた自負はあり、今後は今以上にファイナンススキルを上げたいという希望をお持ちでした。
しかし、今の会社で上のポジションを狙うか、外部の環境で足りない部分を会得していくべきかの分かれ道で迷われており、次のステップを決めかねている状況でした。

CXO転職エージェント三木

最初は見えなかった潜在的な希望も、丁寧な対話を通して明確に

三木さんから見たKさんの課題はどのようなものでしたか?

初回面談でのKさんの希望は「ファイナンスのスキルを上げたい」の一点のみでした。転職の目的は、はっきりしているものの、お話を伺っていくうちに、「目標とするゴールはどこなのか」「次の環境では何を会得していきたいのか」「そのために何をしていく必要があるのか」が明確になっていなかったので、次のステップを決めかねてしまっているのだと気が付きました。そのため、まずは最初の一時間でその確認をひとつずつ進めていくことにしました。

また、転職するにあたっての条件が、ファイナンススキルを上げることだけでなく、「志向性の合うメンバーと働きたい」という希望もお持ちでした。Kさんは、新卒からの上司の教えであった「謙虚であること」「人のつながりを大事にすること」という価値観を非常に大切にされており、今後のキャリアにおいても「一緒に働く人」にこだわりたい、という思いからです。

最初は抽象的だった希望も、面談の中で徐々に明確になってきましたね。

Kさんはとても朗らかで「この方と一緒に働いてみたい」と相手に思わせられるようなお人柄でした。Kさん自身も働くメンバーとの相性を大事にされていることも分かりましたので、まず、カルチャーの相性が良さそうな企業選定が必要だと思いました。
また、ファイナンススキルを上げるために、上場、もしくはM&Aが業務としてミッションに含まれる企業であることも条件だったため、その2点が叶えられる企業をご提案しました。
その中でも特におすすめしたのが、M&Aを含む事業開発を行っている企業です。
この企業は大手企業の100%子会社で、主軸事業以外の新規事業を創出するために立ち上がっています。現在は攻めのフェーズで、財務のこれまでのご経験が活かせる環境であることと、M&Aをミッションとしているため新しいスキルも身につけられること、仲間意識が強く、メンバー同士のコミュニケーションが活発な社風の企業だったので、自信を持ってご紹介をし、選考に進んでいただきました。

面接の結果は保留…徹底的な対策と熱意あるプレゼンで掴んだ内定

カルチャーとスキルアップ、どちらも叶えられそうなマッチングです。選考は順調に進んだのでしょうか?

2020年1月に1回目の面接を終えたのですが、実はこの時の結果は「保留」でした。というのも、当時の採用要件として、M&Aのプロセスをすべて理解している方が求められており、これからスキルアップを目指すKさんとは方向性が合わないのでは、という判断になったのです。
一方で、今後会社が成長してM&Aを進めていき、それを整備していくフェーズが来たときに、Kさんのようなスキルが必要になる時がくるだろうという評価もあり、保留になりました。
少し時が流れ、2020年4月に同社の社長と話をしていた際に、「そういえばKさん今どうされていますか?」と質問がきました。採用を続ける中で、やはりM&Aすべてのプロセスを知る高スキル人材を採用することは難しいと感じられていたようで、Kさんに再び会いたいとおっしゃっていただいたのです。
Kさんは1度目の面接が保留になってからも定期的に連絡を取り合っており、同社への興味をまだ高くお持ちだったことを知っていましたので、早速Kさんへお声掛けし、二度目の面接を設定しました。

再びお声掛けいただけたのですね!1度目の面接での懸念点を払しょくするために、どのような対策をされたのでしょうか?

今回のケースは、お互いマッチしている部分はあると感じていながらも、「今の会社のフェーズにおいてKさんが本当にご活躍いただけるか」という点がネックになっていると感じましたので、Kさんのこれまでの実績やスキルを丁寧にお伝えし、目線のすり合わせをしていく必要があると思いました。そのため、面接後に私から社長へ、Kさんが実績としてやってきた部分、これからキャリアを伸ばしていきたい部分をさらに詳しくお伝えすることでフォローしました。
Kさんのスキルを深くまで理解していただく必要がありましたので、その旨をKさんにもアドバイスさせていただき、実績資料を作成いただいて、私も同席のうえ三度目の面接を実施しました。

非常に手厚いフォローですね。まさに「二人三脚」です。最終的に、Kさんはどのような結果になったのでしょうか?

資料の構成やプレゼン力、何より「スキルアップを目指していきたい、貴社の企業成長に貢献したい」という熱量を見せられたことが大きく前に進み、結果財務・事業開発の正社員として内定をいただき決定の流れになりました。

ハイクラス転職エージェント三木

エージェントからヒトコト

最後にKさんのご支援の中で特に印象に残っていることはありますか?

今回3回面接を行ったのですが、もし2度目の面接が終わったところで何もせずに待っていたら、今でも結果が保留になっていたか、ご縁が無かった可能性もあります。Kさんの可能性を信じ、2人で諦めずに面接に取り組めたことで、良いご縁を生み出せたことが嬉しかったです。
面接に向けて回答をご準備いただいたり、資料作成していただいたりするのは大変な作業だったかと思うのですが、Kさんにその目的と意図を理解していただけたこと、そして熱意を持って本気になって取り組んでいただけたことが、今回の結果に繋がったのだと思います。

「熱意」ってわかりますよね。大切な要素だと思います。本日はありがとうございました!

ハイクラス領域エージェントに応募する

転職をサポートした 担当AG

三木
11

この記事を書いた人:三木Miki

父親の海外駐在の関係で生まれから中学生までを海外で過ごす。海外への思いが非常に強かく、就職氷河期もありJICA一本で就職活動をやり失敗。人に教える何かが必要と感じエンジニアの道へ。汎用機の開発、通信キャリアのオープン系システムに関わった後、二進数の世界から人と話す方に適性があると考え、セールスに転身。技術ベンチャーでセールスを経験したのち、広告業界でアカウント兼、新規事業開発を担当。そこで採用活動にも関わり、採用の難しさ、その責任を痛感したところから人材業界に興味を持つようになりました。2018年に現職。現在は、キャリアの高い方、役付きの方、年収の高い方などハイクラスの方々を専門に人材紹介を行う。

\ この記事にいいね!してね /

11

\ SNSでシェアしてね /

  • twitter
  • facebook
  • Linkedin
  • LINE

転職・就活事例1000一覧に戻る

その他の事例記事を見る

#タグ検索

+ 続きのタグを見る

ページトップへ