エージェント紹介AG:吉田

仕事を通して
次のキャリア選択に
彩りを届ける
プロでありたい

吉田

どんなクリエイターにでも絶対に合う会社はある。求職者とエージェントも一緒。「相性が合わないかも」と思ったら社内の他のエージェントを紹介するようにしています。

エージェントプロフィール

吉田(よしだ)

テレビ、映画、Webサイトなどコンテンツやクリエイティブなものを見るのが好きで、何らかの形で携わりたいと思ったのがきっかけで新卒でクリーク・アンド・リバー社に入社。クリエイティブ職を中心とした転職エージェントとして15年のキャリア。累計1000人以上の方のキャリア相談の実績がある。
主にエンタテインメント領域のセクションマネージャーとして転職支援やコンテンツ制作チームの体制構築等に従事。30歳になったところで自らも転職を経験。ソーシャルNPOの正職員として活動をしたのち、再びクリーク・アンド・リバー社で働くことに。身をもって転職やキャリアアップの難しさを体験し、求職者にも採用企業にも必要とされるエージェントを目指して日々邁進中。現在は主にIT・Web業界とDX領域に携わるクリエイターに向き合う。

プロフィール詳細
所属部署・拠点 クリエイター・エージェンシー・グループ 人材紹介 第一ディビジョン【東京本社】
役職 セクションマネージャー
住まい 千葉
出身 千葉(過去住んだことがある街:高円寺)
趣味 おいしい麻婆豆腐を見つけること。ペンギングッズ集め
座右の銘 すべては捉え方次第だ
担当業界・職種 インターネット・IT・Web/デジタル/DX/ エンタメ全般  プロデューサー、ビジネスデザイナー、ディレクター、UXデザイナー、アーキテクト、UIデザイナー、webデザイナー、映像クリエイター、マーケティング、その他デジタルやエンタメに関わる職種
対応ポジション ハイクラス、リーダー、マネージャー、メンバークラス
対応年収層 350万円~800万円
保有資格 ファイナンシャルプランナー2級
支援実績
【30代前半男性】映像ディレクター / フリーランスから企業へ正社員入社
【20代後半女性】Webデザイナー / グラフィックデザイナーからのキャリアチェンジを実現
【30代後半女性】Webディレクター / 時短勤務制限がある中、募集枠がない働き方が柔軟な企業へご紹介。結果年収大幅アップで正社員入社
【30代後半男性】UXデザイナー / 裁量の持てる環境を求め、大手ベンダーからベンチャー企業へご転職

子供のころの夢について

ウルトラシリーズが好きでウルトラマンやウルトラセブンが正義の定義に迷いながらも怪獣や宇宙人を倒す姿を見て「世の中に絶対正しいものはないんだな」と達観したかわいげのない子どもだったと思います。幼いころに転職エージェントになりたいなどと思ったことはありませんが「絶対に正しいものは人によって違うのだから相手の意思を尊重できるような仕事に就けるとよいな」と思っていました。もしかしたらウルトラマンがこの仕事に出会わせてくれたのかもしれません。

自身の経歴(転職)について

クリエイティブ職を中心とした転職エージェントとして15年のキャリアです。累計1000人以上の方のキャリア面談をさせていただきました。 新卒でクリーク・アンド・リバー社に入社し、ゲームを中心としたエンタテインメント領域の転職支援やコンテンツ制作チームの体制構築等に取り組んでいました。その後30歳になったところで転職。ソーシャルNPOの正職員として活動をしたのち、縁あって再びクリーク・アンド・リバー社で働くことに。転職やキャリアアップの難しさを身をもって体感しました。今はIT・Web領域に向き合っており、クリエイターにも採用企業にも必要とされる転職エージェントを目指して日々精進しています。

仕事内容・介在価値について

次のキャリアの希望を叶えられるよう伴走するのはもちろんですが、「その方が気づいていない道の選択肢」をご提案できないか、いつも考えながらお話を伺っています。

転職エージェント紹介(DX領域)吉田

なぜこの仕事をしているのか?

もともとテレビや映画やWebサイトなどコンテンツを見るのが好きだったので何らかの形でクリエイティブに携わりたいと思ったのがきっかけです。もちろん人のためになりたい!というきれいな理由もありますが、そういうものを創っている人が本当に活躍できる場があるから、世の中に面白いコンテンツが生み出され続けているのだと思っています。そして、自分もそういうコンテンツを楽しみたいので、この仕事を続けているという理由も少しあります。

一番大切にしていること・こだわり・流儀・価値観

どんな会社にでも絶対に合うクリエイターはいる。どんなクリエイターにでも絶対に合う会社はある。

転職エージェント紹介(DX領域)吉田

今までの求職者支援で心に残る感動体験について

フリーランスのデザイナーの方だったのですが、その方のポートフォリオのテイストが「あの企業にピッタリだ!」と確信して企業にお引き合わせして参画が決定。双方のニーズがマッチして良いクリエイティブを世に出すことができました。クリエイターに喜ばれたことはもちろん、自分もその企業が出すプロダクトが好きだったのでいつも以上に嬉しかったです。

失敗談

失敗談ではないのですが、クリエイターの皆さんと転職エージェントは、相性によってその後のお話の展開が変わってくることがあります。初回でお話して「相性が合わないかもしれない」と思ったら社内の他のエージェントを紹介するようにしています。

転職エージェントとしてのこれからのキャリア展望について

転職エージェントは属人的な仕事だと思っているので、組織のなかでのノウハウ標準化が比較的難しいです。組織の中で経験年数を重ねてきているほうなので、若手の転職エージェントに自分の経験値をどうやって伝えていこうかをいつも考えています。クリエイターに対しては、働き方や生き方自体がますます多様になるなかで時代に沿ったご提案を心掛けています。数年前のトレンドのままキャリアアドバイスをしては意味がないので、情報のキャッチアップはし続けています。

支援者からいただいた嬉しかった言葉

2回目の転職相談でお話をしたあとの「やっぱり吉田さんに相談して良かったです」
初回面談を終えた後「今までのどの転職エージェントよりも質問いただいた内容が具体的で自分の振り返りもできました」
「他の転職エージェントだと話したくないようなことも吉田さんだとめっちゃ話しちゃうんですよね」

プライベート・趣味について

映画は毎日何かを観ます。音楽は万遍なく聴きテレビも子どもの頃からつけっぱなしの家で過ごしており本やマンガも好きで、人生で大事なことの8割くらいはそういうものから教わってここまで生きてきてます。今は年少の息子にそのすべてをインプットさせています(取捨選択は本人に任せています)。息子がもう少し大きくなったらそのコンテンツについて語り合うのが将来の楽しみです。 好きな食べ物は麻婆豆腐と汁なし担々麵で、首都圏にあるおいしいお店はだいたい把握しています。

転職エージェント紹介(DX領域)吉田

プロフェッショナルクリエイターの方々へ一言メッセージ

仕事で大事にしたいモノは人によって違うと思っています。お金の人もいれば、やりがいの人、安定の人、肩書の人、社会貢献の人もいます。人それぞれの希望を大事にしながら、客観的な転職市場動向や業界情報をお伝えし、一緒に次の道を考えていければと思っています。割とミーハーでクリエイティブやサブカルチャー全般の会話ができるほうだと思いますので、そういうものが好きで業界に入られている方とは、相性が合うかなと思っています。

転職エージェント吉田に相談する

この記事のエージェント

吉田
25

この記事を書いた人:吉田Yoshida

テレビ、映画、Webサイトなどコンテンツやクリエイティブなものを見るのが好きで、何らかの形で携わりたいと思ったのがきっかけで新卒でクリーク・アンド・リバー社に入社。クリエイティブ職を中心とした転職エージェントとして15年のキャリア。累計1000人以上の方のキャリア相談の実績がある。
主にエンタテインメント領域のセクションマネージャーとして転職支援やコンテンツ制作チームの体制構築等に従事。30歳になったところで自らも転職を経験。ソーシャルNPOの正職員として活動をしたのち、再びクリーク・アンド・リバー社で働くことに。身をもって転職やキャリアアップの難しさを体験し、求職者にも採用企業にも必要とされるエージェントを目指して日々邁進中。現在は主にIT・Web業界とDX領域に携わるクリエイターに向き合う。

\ この記事にいいね!してね /

25

\ SNSでシェアしてね /

  • twitter
  • facebook
  • Linkedin
  • LINE

転職・就活エージェント紹介一覧に戻る

あなたにオススメの記事

他のエージェントインタビューをみる

#タグ検索

+ 続きのタグを見る

ページトップへ